業務を効率良くするために給与計算の代行を依頼しよう!

  1. ホーム
  2. 有効な勤務管理の方法

有効な勤務管理の方法

ガッツポーズ

システムの導入が効果的

企業の活動分野が広がりつつある現在において、企業に従事する従業員の数も増加傾向にあります。特に大企業ほどこうした傾向が顕著となっています。このため企業では従業員を適切に管理する勤怠管理の必要性がますます高くなってきている状況です。一般的に企業では勤務時間、休憩時間、休日など従業員が就業するにあたってのルールが定められています。企業は従業員がルールに従って適正に勤務しているのかを管理する必要があります。勤怠管理とはそうした管理を行うことを示します。従来はタイムカードなどを使って勤怠管理を行う企業が多くありましたが、近年では勤怠管理を一元的に行う勤怠管理システムを導入する企業が目立っています。勤怠管理システムではタイムカードへの打刻や休暇申請などすべてパソコン上で行うことで従業員の勤務記録が自動的に作成されます。最新のシステムでは顔認証で打刻を行ったり、給与システム・出張システムと連携して給与計算や旅費計算を効率的に行うといった特徴があります。勤怠管理システムの導入方法はまずメーカーに問い合わせをしてサービス内容を確認し、問題なければ正式に購入契約を締結します。契約後にメーカーからソフトが送付されますのでそれを企業のLANへ配信します。配信後、管理者や従業員の登録など必要な登録を行い、運用が開始されることとなります。なお、ソフトはweb上で配信されることもあります。また、必要に応じてメーカーによる操作説明会が設けられることもあります。